プロフィール

あたしたちンちのメンバー

りすむつこ



Author:りすむつこ





りす

ちろりす

(1994.10.13~         



らん

卵

(1994.10.13~2007.4.10)





美流(みる)

美流

(1989.12.14~2003.6.26)





麻樹(まき)

麻樹

(1981初頭頃~1997.11.7)





カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有給の日々

久々に風邪ひきましたぁぁ


そういえば、一昨日の夜、
いつもよりお腹がすかなかったのよねぇ(今後、要注意事項です)
明け方、喉が痛くて目が覚めて・・・・・
『やばっ!!!』との予感的中(年の功ですねぇ)
朝、体中の、いわゆる『節々』ってやつが、総出で痛んでました。
体温計不用(年の功(再))
夕方まで、真面目に寝てました。
(この年になると、寝てられる=具合悪い、なのよねぇ
夕方から、社会復帰目指して、PC立ち上げて、コメントさせてもらったり、
調子に乗って自分のブログもUP、
その後、今日の「お弁当」を作って、早めに寝たんだけど
今朝も、微熱が残り、何度も気合をいれたんだけど、身体動かず・・・
潔く(?)『撤退の勇気』を示し、お休みいただきました。



休養の風景






さっきまで、横になって、うとうと寝たり、本を読んだりしてました。
(最近は大河ドラマ「篤姫」で思い出して「翔ぶが如く」ね)
それにつけても、びっくりするのが、りす!!!!!!!
昨日も今日も、ず~~~~~っと寝てます!!!!!
今も寝てます。お留守番させて可哀相って思う必要ないのね、実は(笑)


お見舞いありがとう



同じ職場の「りこちゃん」がお見舞いメールに添付してくれました
犬好き「むつこ」への、最高のお見舞い
「りこちゃん」と、相思相愛の、お友達ンちの「らむちゃん」
この写真のタイトルは「おもちゃとラム」


それから、こんなお見舞いも・・・
見慣れた達筆・・・『白い』コンビニ袋に入ってました



2本飲みました。明日最後の一本飲んで、
前々から予約してた美容院に行けますように
明日も有給なの・・・・


ココちゃん、がんばれ、のんちさん、がんばれ


最新記事読ませていただきました。
私の一匹目のワンコ「麻樹」のことを思い出しています。
フィラリヤにさせちゃったり、空き地に撒かれた「毒物」を食べてしまったり、
その他諸々・・・病院通いのワンコでした。

最後に倒れた時は腎機能がめちゃめちゃになってるといわれたきり・・
先生も私と目を合わせてくれない状態でした。
何日か入院治療して一応落ち着いたときに
「食べられなくなったらアウト、
点滴を続ければ、生命力があるだけ・・・」と宣告され・・・
一ヶ月以上点滴に通いました。
もともと、気がちっちゃくて、病院が大嫌いな仔だったし・・・
色々考えて、点滴やめることにしました。

これからは「食べられなくなったらアウト」と観念して。
案の上、なにをやっても食べてくれません。
直後、一時は飼い主でもあった妹が「お別れ」に来てくれました。
肚を決めた姉妹がビールを飲み始め
お好み焼きを焼き始めた瞬間、麻樹がふらふらと寄ってきました。
天啓を得た私が口の中のお好み焼きを
手のひらにぺっと吐き出してみると、
なんと、麻樹がぺろっと食べたのです。

それから、半年、生きて、看病させてくれました。
私は必死に色んなものを買ってきて食べさせました。
牛肉もダメ、白身魚もダメ、絶望しつつ、
自分のごはんなんか作る気にもならず
コンビニおにぎりを食べてたら、又、ふらふらと寄ってくるから、
ぺっと吐き出すと、食べてくれたりもしました。
麻樹のために、どれだけ咀嚼したことか・・・。
ところが急にドッグフード食べたりとかすることもあったりして・・・・

ともかく半年看病させてくれました。その間、シッポを振ることは
一度もありませんでした。年令も17歳近く天寿の全うなので、
ココちゃんと比べることはできませんが・・・・
まだまだ未熟だった初心者飼い主を
、麻樹が、必死にいたわってくれていたような気がしてなりません。

私のした決断が麻樹にとって、よかったのかどうか?
悩んだ時期もありますが、今となって、
誰がどう思おうが、正しかったと確信します。
あの時の私にとっては。そのおかげで、今の私があると確信します。
必死に生きてくれた麻樹のおかげで・・・。

<< REGARの日 | ホーム | ピンチのらんちゃん >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。